路地裏ニライカナイ

           ~言葉でつむぐ映像制作の日々~のはずがほとんど酒と猫ブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かにむかし


ついこの前まで、
裸で寒そうだった柿の木。

ベランダから見える柿の木が、
こんなに青々としてきました


柿の木を見ると、
おじいちゃんを思い出します。



僕の家庭は少し複雑で、
父方の祖父と、母方の祖父が、
一つ屋根の下に住んでいました。

母方の祖父が、
アルツハイマーになったのが原因で、

父はそれを快く受け入れ、
献身的な介護を続けます。


だが父は、実の父親、
つまり僕のおじいちゃんとは仲が悪く、



僕が物心ついたときから、
お互いにイガミ合っていたように見えました。

直接の原因は何なのか聞けずにいますが、
祖父のその強烈に頑固な性格が、

きっと二人を引き裂いたのだろうと、
子供ながらに感じていたのです。

お互いに譲れない性格だったのかもしれません。


父と祖父は喧嘩が絶えず、
それにプラスして母は酷いカンシャク持ちでした。



そんな家族だったから、
毎日家の中には怒鳴り声が響いていました。



ある朝も怒鳴り合っている声で目が覚めました。
またいつものことだと僕は二階で耳を塞ぎました。





その日の午後、

庭にある柿の木の根元を、

祖父がナタで削っているのが見えたんです。


曲がった腰で、

何かに怒りをぶつけるように、

黙々とナタを振り下ろしていました。


僕はその姿が、

急に恐しくなり、

窓を閉めました。




「庭の木を切ると、家族に不幸がある」



そんな言い伝えを思い出しました。



祖父がどんな気持ちで、
あの柿の木を切ろうとしたのか、
それは分かりません。

ただ幼かった僕は、
何故だか酷く恐くなり、
見てはいけないと感じたのでしょう。



それが人の憎悪であり、
誰の心にもあるものだから。



それから何年か経ち、

気になって柿の木の下へ行きました。

すっかり枯れ果てていると思っていた僕は、

自分の目を疑いました。

遠慮がちですが、

そこにはまた青々とした柿の葉が、

勢い良く天に向かって伸びていたのです。





植物は偉大だ。


人間は?



つづく・・・
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ


スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 22:22:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極Mの中田 その3


こうして僕と極Mの、
奇妙な同棲生活が始まった。


だが僕は初日から後悔の念を抱くことになる。


それは中田の内外から来る気持ち悪さと、
何年経っても変わらない喋りまくる性格からだ。


久しぶりに会って興奮してるとかいうレベルではない。
この何年かの出来事を中田は実に丸一日喋り続けたのだ。



まるで子犬がしっぽを振ってまとわりつくように、
終日僕の後を追い回し延々喋り続けた。








本当にトイレの前まで来て喋り続けた。


子犬ならまだいい。


想像して欲しい。


相手は中田です。




何度か吐き気を催した。









二日酔いの頭にズンズンと響く声。


興奮して血管が浮いてくるM字の額。


四方八方に飛び散るドMの唾液。




何度か殺意を抱いた。








そんな中、


中田が一番興奮していた話しが、


今も耳から離れない。


それは中田が当時付き合っていた彼女と、


温泉旅行に行ったときの話だ。


しかも・・・ドSの彼女と。








「せ、せ、せ、先輩!

 こ、こ、こ、このまえ彼女と~

 りょ、りょ、旅行行ったんすよ!

 や、や、や、やっぱ群馬って温泉じゃないすか!

 お、お、お、温泉って最高っすよね!

 ゆ、ゆ、ゆ、浴衣ってあるじゃないすか!

 あ、あ、あ、あれってやっぱ着ますよね!

 お、お、お、俺あの帯ってよくわかんないんすよ!

 こ、こ、こ、腰に巻くんすよね?

 い、い、い、いきなり彼女に~

 く、く、く、首に巻かれたんすよ!

 あ、あ、あ、あり得ないっすよね?

 そ、そ、そ、そんで何言うかと思ったら~

 「ねぇ~ワンって言ってよぉ~

 って言うんすよ!
 
 や、や、や、嫌だよって言ったら~

 きゅ、きゅ、急に怒り出しちゃって!

 「いいからワンって言えよ!」

 ってキレたんすよ!

 あ、あ、あ、あり得ないっすよね?

 や、や、や、嫌だよってまた言ったら!

 ほ、ほ、ほ、本当に首締めるんすよ!

「オイ中田ぁぁぁ!

 ワンって言えよぉぅ!」

 って言いいながら、

 首締めるんすよ!


 あ、あ、あ、あり得ないっすよね?


 こ、こ、こ、こうなったら、


 や、や、や、やっぱ俺も男じゃないすか!


 が、が、が、ガツンと言ってやりましたよ!


 ワンッ!!!って。」







中田よ・・・

あり得ないのはお前だろ。







神様・・・

なぜ中田をお創りになったのか。



その夜の温泉街で、

浴衣の帯を首に巻かれ、

ワンっと吠えたのは中田だけでしょう。



そんな中田も、

今や幸せな新婚生活を送っていることだろう。



でも、

祝福の言葉はかけません。



だって、

お前にとって最高の言葉は、

浴衣の帯がないと成り立たないから。








つづく・・・
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

  1. 2008/04/29(火) 04:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極Mの中田 その2



全国のドSの皆さん!

極Mファンの皆さん!

お待たせ致しました。

極Mの中田」第二話です!










昔から何故か中田は僕のことを慕い、
金魚の糞のように付いて来ては蹴られていた。


真夜中の山道をバイクで爆走したとき、
律儀に付いて来て遭難しかけたり、


僕が生徒会長を務めたときは、
書記に立候補してたり、


僕が高校を辞めてしまった時も、
何故か中田まで辞めたくらいだ。








全く意味が分からない・・・



そんなオバカちゃんと同棲生活を始めたのも、
やっぱり僕の一言がきっかけだった。


まだ中田が地元の群馬県にいる頃、
僕はすでに一人暮らし7年目を迎えており、


その頃6年間連れ添った彼女と別れ、
僕のマンションは荒れ放題だった。


人間は心に隙間が開くと、
意味不明な行動をするものである。


僕はポッカリ開いた心の隙間を埋めるように、
3LDKの一部屋を全てビール缶で埋め尽くしてみた。





僕の意味不明な行動はそれだけじゃ終わらなかった。



ある夜のこと、
居酒屋からふらふらと帰って来る道すがら、


僕はふと中田に電話をかけてみたくなったのだ。


これが今思うと本当に失敗だった。
何年間も中田に会っていなかったことと、


彼女のいない空虚感。
それに酒が入っていたことで、


僕は冷静さを失っていたんだと思う。


そのときは忘れていたのだ。


あの中田のウザさとキモさを・・・







「もしもし?中田?」

「せ、せ、せ、先輩!
 ど、ど、ど、どうしたんすか?
 こ、こ、こ、こんな夜中に?」




次の台詞が、
僕の生活から静けさを奪った。




「今から来いよ!」

「え?い、い、今から?!
 な、な、な、何言ってんすか?!
 せ、せ、せ、先輩東京っすよね?!」




ここで止めておけば良かったのだ。
酔っ払っている僕はエスカレートし・・・




「今から上石神井に引越して来い!」

「え?い、い、今から?!
 な、な、な、何言ってんすか?!
 と、と、と、東京って物価高いんすよね?!」




中田よ・・・
そういう問題じゃないだろ。




「いいから掃除しに来いよ!」



ガチャ・・・と一方的に電話を切り、
泥酔状態の僕は深い眠りに落ちていった。







どれくらい時間が経ったのだろう、
どうやらソファーで眠ってしまったようだ。


テーブルの上に置いた携帯の、
あの不快なバイブ音で目が覚めた。


僕は二日酔いの頭を持ち上げながら、
霞んでいる着信画面をのぞく。




「な・・・中田?」




そう僕はこの時点で、


すっかり忘れているのである。


昨夜の電話を・・・


すっかりと。









なんと中田は、

始発に飛び乗り、

上石神井にいた




どうやら僕が電話に気付いたのは昼過ぎで、

その間中田は知らない街を何時間も彷徨い、

酔っ払いが言ったであろう不確かな住所を、

探し続けていたらしい。



つづく
・・・
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
まだまだあります中田伝説!







  1. 2008/04/28(月) 23:48:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石神井公園の龍

行ってきました照姫祭り!

しか~し!

人が多すぎて写真を撮る気にもなれず

というわけで久々に行った「龍」です





「龍」と書いて「ロン」と読みます。
石神井公園の畔にひっそりとあるお店
たぶん普通に歩いてたら気付かないでしょう





ピッカ~ン

僕の泡盛アンテナはこういう店にすぐ反応します

レトロな店内の薄暗い照明の中やはり瑞泉を注文。
このお店は実になんでも美味しくて、
特にあんかけ系が絶品なのです





まぁ最後はやっぱりゴーヤチャンプルーです。
でもゴーヤチャンプルーはゴーヤがちょっと薄いかな?
苦みがなくてゴーヤ好きには物足りないかもしれません



え?


つまらない?


飲み屋のレビューをただ書くなんて、


確かに普通のブログみたいですねコレ・・・


いやいや載せちゃいましょう!


やっぱりシメは!


タニやん」です!





きました!

タニやんのお母さん!






その高音がキュートです。

僕はよく真似します。

お伝えできないのが残念






彼女はお母さんの娘よっし~。

娘も高音です。

可愛いでしょ?

でも普段はこんなです・・・






ダマされましたね?

昨夜行ったときなんて、

「見て見て~」って、

自分のTバッグ写真を見せられました

エグいです。

気持ち悪いです。

そんな写真・・・

アップできるわけないだろ

よっし~すまん。

ではでは本日最後の、

トリを飾るのは、

やっぱお母さん・・・






こっちのほうが、

エグい・・・

(画像提供タニやんよっし~)


つづく・・・
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
      
  1. 2008/04/27(日) 23:02:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落城


制覇です!

ついにバベルを制覇しました!

とは言っても、

ネズミの玩具で釣ってから

ようやく・・・









そして猫のくせにバランス感覚がない美優さま

いつ落ちるか心配です

ネズミをあきらめて、

まぁ何とか座ってはくれましたが・・・









どう見ても・・・









せまい?




・・・よねぇ



つづく・・・
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
  1. 2008/04/21(月) 21:31:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

いちゃりばちょ~で~

石神井公園で飲んでたら、またまたお友達ができちゃいました!



ここで飲んでると自分の酔っ払いオーラが、
いろんな人(酔っ払い)を引き寄せるようです。



今日会ったのは強モテの慎ちゃん(左)!

&泥酔おじさん(右)・・・


この絵描きの泥酔おじさん、
前にもここで飲んだのに、まったく覚えてくれてません


そんなこんなでしこたま飲んで、

いま「タニやん」・・・



どんだけ飲むんだ?





つづく・・・
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
  1. 2008/04/20(日) 18:50:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バベルの塔


一時間近くかかって、
キャットタワーを作ってあげたのに・・・





全く反応しないんです

ずっとこんな感じで・・・





アンパンチ?

ネコパンチ?

はぁ


つづく・・・
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
  1. 2008/04/19(土) 22:58:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

吉祥寺の気楽なお店

吉祥寺にある気楽なお店とは?

あ・・・
今いろんなお店を想像しましたね?

あなたの知っている気楽なお店・・・
それは本当に気楽なお店ですか?

いやいや吉祥寺で本当に気楽なお店とはここです!



これがまた店名にしちゃうくらいだからマジで気楽です

まるでおばあちゃんちに来たみたい

トイレがうちの田舎そっくりです

しかも料理がうまい


こんなとこに?!


ってな店ですので、

見付けた方は是非行ってみて下さいね

井の頭公園周辺を歩いてたら見つけられますよ


絶品MENUをアップしたかったんだけど、
完全に飲みに集中しちゃいました

ごめんなさい・・・
次行った時は載せます。



そんなこんなで今日はビアンキ帰宅
ビッショビショです


つづく・・・
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
  1. 2008/04/18(金) 23:37:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南千住の素盞雄神社


やっぱり電車は嫌なので、
南千住までカブラで行ってきました。

上石神井からだと一時間くらいかかります
それでも電車よりは心地よい

いい天気だったしね~

打ち合わせは難航しましたが、
帰りに寄った素盞雄神社で癒されました



すっごくお花が奇麗で、
なんだかのどかな時間が流れてます



目の前に日光街道が走ってて車がビュンビュン
でも一歩入るとこの穏やかさ。



なんだかこれぞ東京文化って気がします。
駅からすぐの所にこんな場所があるなんて、
南千住は素敵です。



そしてここにも見付けました。
ハナニラさん達です



うちのより控えめに咲いていました。
ブルーのハナニラさんも奇麗ですね



そんなこんなで素盞雄神社で癒され続けていたら、
道端に置きっぱなしのカブラをすっかり忘れてました

慌てて取りに戻ると、
恐そうなオバちゃんに、


「ちょっとあんた邪魔だよ!」

と叱られてしまった・・・

どうやらオバちゃんちの出入口付近だったようで・・・


せっかく素盞雄神社で癒されたのに、
なんだか後味悪いままカブラにまたがる。


でも素盞雄神社!
いいところでした!



でもでも・・・


ぶっちゃけ読み方わかりません!




つづく・・・
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

  1. 2008/04/15(火) 22:29:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家政婦は見た



我が家のトランポリン・・・

大きすぎてフレームに入りませんでした



今や庭のほとんどを占領しているトランポリン

子ども達のために買ったのに、
たまに来る大人のほうが楽しんでます



斯く言う僕も飛んでます


でもなんだか視線を感じて・・・




ん?!



?!

恐い・・・



恐いわ。



市原悦子?








にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/04/13(日) 02:13:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上井草の幸来



上井草にある「幸来」に、

何年かぶりに来ました!

変わらない味です。



しかも初めてつけ麺を注文。

太麺があるなんて知らなかったわ。

でも二十歳そこそこの頃は

普通に食べられたけど、

今は結構重いなぁ・・・

美味しいんだけどね!

たぶん塩分が強すぎるんだと思う。

出汁と豚骨の旨味が超出てて、

そのままだと深いのに、

塩の量が多すぎて負けてる。

いやいや美味しいんだけどね!




でもやっぱ僕は埼玉の、


「岡ちゃんラーメン」が好きかな。


学生の頃、上福岡に住んでたから良く行ったところ。





にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/12(土) 04:10:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何番搾り?

帰宅した僕は冷蔵庫から、

無意識にビールを取っているようだ。

これはもう、習慣というか、

癖というか、

病気に近いんだと思う 。


さっき別の部屋でビールを飲み 、
居間に来たらまたご丁寧にビールが置いてあった。






え?!



でもオレ

手にビール持ってんじゃん!





どうしよう美優ちゃん

あなたが用意してくれたの?



そんなはずはない・・・



完全に病気だ。

自分はいつ冷蔵庫からビールを出したのか。

そしてそれは一本飲み終わって、

取りに行ったビールなのか 。

それとも帰宅後、

すぐに出したビールなのか 。


まっっったく
覚えていないのである。






ま・・・


いっか。


とりあえず美優ちゃん・・・





乾杯♪






ホントにこれでいいのかしら・・・
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/04/11(金) 00:36:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開いた口が塞がらない




美優さまはウェットフードがお好き。

ツマミに開けたサバの水煮もサンマの蒲焼きも、

み~んな自分の缶詰だと思ってます。

缶を開ける音がしたら、

とにかくダッシュ!

でもこの子・・・

トロイんです


ダッシュすればガシャ~ン!

と引き戸にぶつかるし、

ジャンプすればズッデ~ン!

と飛距離が足りなくて落ちる



猫のくせにバランス感覚が欠けてるんです。



それにせっかくの御馳走も、

ボロボロボロとこぼしてしまいます。


食べ方があり得ないくらい下手なんです。


口の脇からボロボロと・・・

だから一生懸命なめるんですが、

一向に口に入っていく様子がない


その口は・・・まさにシーサー


飼い主だって開いた口が塞がらないわ。

こんな猫って他にいるんでしょうか?

たくさん飼ってたけど見たことないぞ?



だから美優ちゃんは、

ゆっくりゆっくり食べます。

決してガッツキません。

ゆっくりゆっくり・・・

自分のペースで



そういえば僕も小学校の通知表に、

「給食が遅い」って書かれてたっけなぁ~


そんなこと、


どうだっていいじゃないか。






にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/04/10(木) 22:24:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極Mの中田 その1



後輩に中田という『ドM』がいる。

どれくらい「M」なのかというと、


例えば高校生の頃は、
朝の挨拶変わりにパンチを浴びてたし、

学園祭の時なんて、
シャンプー変わりにマヨネーズだった。

僕らの夏の風物詩といえば、
中田に落下傘花火をズドン!




誓って言うが、
これはイジメではない。






本人は、

「や、や、や、(ドモってます)やめてくださいよ~

と言いつつも、

ぞっとするくらい嬉しそうなのだ


僕は後々この「ドM」と、
ひょんなことから同棲生活を始めることになるのだが、

その話はまた次回にして、
今日は中田の「ドM」さを世間の人々に知らしめておこう。





中田の伝説は本当に多すぎて、どれから書いていいのか迷うが、



今日はそんな中田が、
彼女とディズニーランドに行ったときの話をしよう。


ディズニーランドといえば、
言わずと知れた夢と魔法の国であるが、

ある日そこに中田は、
当時の付き合っていた彼女とデートに行った。


しかも「ドS」の彼女と・・・


夢と魔法の国が大好きな彼女は、
乗り物の順番待ちも何のその。

ふたりでビッグサンダーマウンテンに乗ろうと、
何十分も行列に並んでいたらしい。

やっと行列の先頭近くまで来たとき。
もう少しで乗れるな…と中田は安心したのだと言う。




しかしその時、

突然彼女が怒り出したのだ。





そのときの会話の一部始終は、
何度も中田から聞かされている↓



「ちょ、ちょっとぉ!なんで鼻毛出てんのよ!」

M「え?ああ、で、で、出てた?」

S「出てた?じゃないわよ!謝んなさいよ!」

M「な、な、な、なんで?!」

S「いいから謝んなさいよ!」

M「う、うん。ご、ご、ごめん。」

S「ちゃんと謝んなさいよ!」

M「ちゃ、ちゃ、ちゃんと?!」

「土下座して謝んなさいよ!」

M「ど、ど、ど、土下座?!」

S「そうよ、土下座しなさいよ!」

M「や、や、や、ヤダよぉ。」

「いいから謝れよ!」

M「え、え、え、ええぇ?!」

「土下座しないと別れるから!」

M「そ、そ、そ、そんなぁ。」

「うるさい!土下座が嫌だったら!
 ディズニーランド走って一周してきて!


M「え、え、え、ええ?!

  だってせっかく並んだのにぃ。」

S「もう乗らないわよ!」

M「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待てよぉ。」

S「もう!何よぉぉぉ?!」

「ゆ、ゆ、ゆ、夢と魔法の国で、
  そ、そ、そ、そんなに怒るなよぉ。」



「夢と魔法の国でね!
  鼻毛なんか出してる
  あんたが悪いのよ!」


極M「・・・・・。」


極S「いいから!
      土下座しろ!」






何百人もの観衆の前で、

中田は・・・

土下座をした。


鼻毛が出ている・・・

たったそれだけの理由で。



後日中田はこう語っている。



「い、い、い、いや~。

 た、た、た、大変でしたよ~!
 
 ゆ、ゆ、ゆ、夢と魔法の国で土下座っすよぉ!

 ひ、ひ、ひ、ひどいっすよねぇ~?!

 で、で、で、でもディズニーランド一周っすよ?!
 
 そ、そ、そ、それってマジきつくないすか?

 よ、よ、よ、良かったっすよ、まだ土下座で~。

 ちょ、ちょ、超目立ちましたしぃ!

 や、や、や、やっぱミッキーより土下座かなって!

 そ、そ、そ、そん時マウンテン乗れなかったからぁ、

 ま、ま、ま、また行こうって彼女と話してんすよ!」






神様・・・

なぜ中田をお創りになったのか。



夢と魔法の国で土下座をしたのは、

たぶんこの男が最初で最後でしょう。





そんな中田も、

ついに明日結婚式を迎える。



中田よ「おめでとう。」



でも・・・

結婚式には行きません。



だって、

そのほうが絶対に気持ちいいだろ?









つづく・・・
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

  1. 2008/04/04(金) 23:48:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅立ちのとき

まだまだ幼い「てふてふ」さんが、

今日こうして旅立っていきました。





いったい何処へ行くんでしょう?

「…春が来たから。」

そう言い残して「てふてふ」さんは風に消えていきました。

置いてけぼりの私は、

ひとり虚しく空を見上げていました。


すると、まだ雪が残る浅間山のほうから、

ふんわりふわりと花びらが落ちて来たのです。

ふんわりふわり。

はんらりはらり。

ちいさくて薄い桜の花びらです。

ふんわりふわり。

はんらりはらり。


私は、桜の花びらを追うように、

見慣れた松井田の山道を駆け出しました。

竹やぶを抜け、

庚申塚の間を縫い、

小川を飛び越えた頃に、

空が桜色に染まりました。


ごつごつした大きな桜の木が、

目の前に現れたのです。

でも、なんだか懐かしい気がして、

私は一生懸命に思い出したのです。


それは私がとっても小さい頃、

みんなで植えた桜の木でした。


どれくらいそこにいたのでしょうか。

気がつくと足元には桜のじゅうたんができています。


私は落ちてくる花びらを見ながら、

「てふてふ」さんが毎年なぜ旅立つのか、

少しだけ解ったような気がしました。


もう心配ない。


私はそう言って少し笑いました。


それから?それから?


今日はここまで。


これからまだまだ仕事です。







つづく・・・
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/03(木) 23:37:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Home Page

全国と都内の映像制作ならニライカナイクリエイティブへ

Welcome

にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

Last Post

Comments

Profile


<猫好き泥酔詩人>
sanshin niraikanai
にらいかない Niraikanai

<短尻尾キャリコ>
lighting miyuu
美優 Miyuu

<短尻尾チャトラ>
lighting fooca
風花 Fooca

<白い胸ハート>
lighting tabi
タビ Tabi

<黒い胸ハート>
lighting teto
テト Teto

Friends Links

Ranking

Links Banner












yuzuchun_banner

nekoneko banner









猫ブログs.com

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

Search

RSS Links

Application Friend

この人とブロともになる

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Coverage

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。